HOME > 平安アーキテクト ハイグレード住宅『幸杉の家』

平安アーキテクトの幸杉の家

魚梁瀬杉を贅沢に使用した自然派住宅

幸杉の家内装

驚異の天井高2.7m



天井高2,700mm業界トップクラスの天井高
平安アーキテクトは標準仕様で天井高2.700mmを実現しました。だからゆとりが感じられる感動空間が広がります。日本ツーバイフォー建築協会の構造計算ソフトに基づいたハイスタット技術の強さで、天井高2m70cmを達成しました。 過ごしやすい開放的な天井高は、ご家族の喜びをいつまでも叶えます。

建ってからではもう遅い。家を建てる前に、まず天井高2,700mmの開放感をご体感ください!!

天井は高いほど良い?
天井が高いと圧迫感がうすらいで「開放感」を感じます。
反対に低いと圧迫感が出て「囲まれ感」を感じます。
天井高2m70㎝〜3m程度の標準より少し高い空間が心地よく感じます。


天井高2,700mm建ってからではおそい!?

日本の昔ながらの和室が多い住宅では一般的に天井高は220cmになりますが、洋室が多く、近年の住宅では240cmが平均的な高さになります。吹き抜けなどで現在居住している家の天井高が2400を超えていないと、少し狭く圧迫感を感じるかもしれません。
建てる前にご検討ください。


天井高2,700mm天井をデザインしてもまだ余裕。

リゾートホテルなどでよく見られる、下がり天井

一般的な住宅では天井高を「2m40cm」にしているところが多く、それ以上は技術的・構造的に難しいとされています。そんな中、平安アーキテクトは「高さ」と「強さ」を兼ね備え、天井高を「標準2m70cm」まで引き上げることを可能にしました。ここまで高さがあれば、高い部分と低い部分のメリハリをつける自由が生まれます。

天井高Q&A
天井高一生に一度の高い買い物

高級リゾートホテルやハウスメーカーのハイスペックモデルハウスなどは装飾天井が使われています。その高級感にさぞうっとりされたご経験があると思います。

天井高写真


ページの最初へ