HOME > 2X4(ツーバイフォー)工法

平安アーキテクト


平安アーキテクト


平安アーキテクト


  • 2×4工法は安全と安心が圧倒的な信頼性を誇る

高気密


ツーバイフォー工法は世界で毎年約250万棟建築されている(2X4協会のデーターによる)世界基準の家。安心と安全性は圧倒的な信頼性を誇るツーバーフォー工法。デザイン性に優れ、あなたの希望を満たします。あなたにもお買い求めいただけるローコストで開発しました。超高気密、超高断熱の「まほうびんのすまい」。

  • 世代を超えて住み継がれる

2X4ツーバイフォー


昭和40年代に入って個別企業が大量に商品として住宅を供給するようになり、昭和49年には技術基準が定められ枠組壁工法としてオープン化されました。そのころより2インチ×4インチの規格材を多く使用されることからツーバイフォー工法(和製英語)と呼ばれ、今やアメリカ、カナダ等では、戸建住宅のほとんどがこの工法によっているほか、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、韓国、中国でも採用されており、全世界で年間200~250万戸が供給されていると推定されています。

2X4ツーバイフォー

  • 大地震でも実証された耐震性能。最高ランク「耐震等級3」

日本は地震が多発する国であるため、日本の家屋は地震に強い構造となっています。日本の耐震、免震に関する技術は世界随一と言えますが、これも地震が多い国という背景があってこそと言えます。日本が世界でも有数の地震国であることは、疑いのない事実です。 しかし考えようによっては、地震による被害状況を知ることが出来ることから、耐震診断や耐震技術、耐震基準を向上させる点では、むしろ好立地であるととらえる事が出来るかもしれません。 耐震等級とは、建築基準法の耐震基準を満たせば「等級1」、その1.25倍なら「等級2」、1.5倍なら「等級3」となります。耐震等級を取得した住宅は等級に応じて地震保険の割引が受けられます。


2X4ツーバイフォー

  • 最近頻繁に起こる地震

ここ最近、西日本を中心に、大きな地震が連続して起こっています。まず、2016年4月の熊本地震、同16年10月の鳥取県中部地震、2018年4月の島根県西部地震…範囲を広げれば、2016年には韓国の慶州でも大きな地震が起こっています。 耐震性能について、昨今では住宅において特に高い意識が置かれています。新築住宅においては、大地震に遭っても倒壊しないような地震に強いものとなります。注意が必要なのは1981年(昭和56年)以前に建てられた建物です。その年に新耐震基準に改正され、建物がその新しい耐震基準で建てられたのか古い耐震基準で建てられたのかで、建物の耐震性は大きく変わります。したがって、特にその時期あたり、あるいはそれ以前に建てられた建物は、耐震基準の確認と耐震化をすぐにでも進めていきましょう。


地震










  • 強固なモノコック構造

「面構造」を基本にしたツーバイフォー住宅は、6面体ができあがると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造はもともと、極限の強度が求められる航空機用に開発されたもの。スペースシャトル、新幹線、F1レーシングカーにも採用されているほど、きわめて強固な構造です。
モノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。



2X4ツーバイフォー

  • 耐久性を高める対策。

ヒノキを使用土台にはヒノキを使用。
木材の中で最高レベルの耐久性を持つ、ヒノキを土台に使用しています。家の最下部に使われる土台は家全体の重さを支える重要な役割を果たします。
そんな部分に極めて高い耐久性、防腐性、防蟻性をもち最高級に位置付けられるヒノキ製材を標準仕様にしています。
ヒノキは耐久性、耐湿性そして抗菌性と申し分ありません。我国を代表する造林針葉樹ですので用材の確保も容易で加工性に優れ、土台用材の代表的な木材です。

  • ツーバイフォーは全てが強い?耐震等級3の計算に基づいて建てる必要があります。

平安アーキテクトでは、耐震等級の認定を取得しない場合でも、日本ツーバイフォー建築協会の壁量計算ソフトで、耐震等級3の強度を確保して建築します。
たとえツーバーフォーでも構造計算やJISの認定商品を使用する等、壁量計算書に基づいて建てなくてはとても危険です。
※認定取得がない場合は地震保険料割引の対象にはなりません。



2X4ツーバイフォーデザイン

2x4パネルメーカーの凄さ、平安アーキテクトのパネルはここで作られています。

2X4ツーバイフォーデザイン


ページの最初へ