HOME > 2X4(ツーバイフォー)工法

平安アーキテクト


平安アーキテクト


平安アーキテクト


2X4ツーバイフォー


昭和40年代に入って個別企業が大量に商品として住宅を供給するようになり、昭和49年には技術基準が定められ枠組壁工法としてオープン化されました。そのころより2インチ×4インチの規格材を多く使用されることからツーバイフォー工法(和製英語)と呼ばれ、今やアメリカ、カナダ等では、戸建住宅のほとんどがこの工法によっているほか、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、韓国、中国でも採用されており、全世界で年間200~250万戸が供給されていると推定されています。



2X4ツーバイフォー



日本は地震が多発する国であるため、日本の家屋は地震に強い構造となっています。日本の耐震、免震に関する技術は世界随一と言えますが、これも地震が多い国という背景があってこそと言えます。日本が世界でも有数の地震国であることは、疑いのない事実です。 しかし考えようによっては、地震による被害状況を知ることが出来ることから、耐震診断や耐震技術、耐震基準を向上させる点では、むしろ好立地であるととらえる事が出来るかもしれません。 耐震等級とは、建築基準法の耐震基準を満たせば「等級1」、その1.25倍なら「等級2」、1.5倍なら「等級3」となります。耐震等級を取得した住宅は等級に応じて地震保険の割引が受けられます。


2X4ツーバイフォー





「面構造」を基本にしたツーバイフォー住宅は、6面体ができあがると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造はもともと、極限の強度が求められる航空機用に開発されたもの。スペースシャトル、新幹線、F1レーシングカーにも採用されているほど、きわめて強固な構造です。
モノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。



2X4ツーバイフォー





世界有数の地震国である日本において、住宅の「耐震性」はもっとも重要な基本性能です。日本でツーバイフォー住宅が着実に増えている大きな理由はここにあります。
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。地震力が一部分に集中することがないため倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮します。



モノコック構造説明



耐久性を高める対策11.乾燥材を使用
ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用。さらに、さまざまな方法によって万全の湿気対策を行います。湿気や結露への徹底した対策によって、ツーバイフォー住宅は耐久性を確保。永く暮らせる丈夫な住まいを実現します。

耐久性の高い金物2.耐久性の高い釘・金物の使用
・帯金物
土台と1階壁、1階壁と2階壁をそれぞれ高い防錆性能を持つ高強度の金物で堅結。構造躯体に対する横方向からの力だけでなく、上下方向の力に対しても優れた耐性を発揮します。
・ホールダウン金物
基礎と建物の連結を強化する「ホールダウン金物」は特に荷重が集中する部分などに使用します。高性能の金物を採用することでより確かな構造強度を実現します。
・スクリューワッシャー
基礎部分のアンカーボルトを土台に留つける「ワッシャーナット」。一般的なボルト締めでは土台部分を削り取ることになる座掘りを設けますが「ワッシャーナット」下部に切削用の刃を備えており、土台を必要最低限しか削らないため強度低下を招きません。

アクアフォーム3.湿気を構造躯体に入れない対策
・アクアフォーム
結露は室内外の温度差や、温度の急激な変化などによって起こります。とくに壁の内部や小屋裏で発生しやすい結露は、木材の腐朽の原因となるだけでなく、カビの繁殖など、住まいにさまざまな悪影響をおよぼします。
無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

ヒノキを使用4.土台にはヒノキを使用。
木材の中で最高レベルの耐久性を持つ、ヒノキを土台に使用しています。家の最下部に使われる土台は家全体の重さを支える重要な役割を果たします。
そんな部分に極めて高い耐久性、防腐性、防蟻性をもち最高級に位置付けられるヒノキ製材を標準仕様にしています。
ヒノキは耐久性、耐湿性そして抗菌性と申し分ありません。我国を代表する造林針葉樹ですので用材の確保も容易で加工性に優れ、土台用材の代表的な木材です。

シロアリ対策5.安全性の高い防腐・防蟻対策
木造が主要のツーバイフォー住宅では、耐久性の為に防腐・防蟻対策が欠かせません。ヒノキの土台を含め家の木造部分には薬剤の安全性を十分に配慮し使用とシロアリ被害をゼロに近づける、床下換気工法を取り入れています。
自然の力を利用していますので、換気口を塞がないなど、きちんとメンテナンスしていれば効果は半永久的に続きます。
強い揺れで倒壊した建物を調べてみるとシロアリの被害が見つかることも珍しくはありません。 今の住まいに長く快適に過ごすためには、シロアリ対策をしっかり行っておく必要があります。

木は火に弱い、とお考えではありませんか? 確かに木材は燃えやすい性質をもっています。しかし、ある程度の太さや厚さがある(つまり断面が大きい)木材は、いったん燃えても表面に炭化層をつくるだけ。火は内部まで進行しないため、強度が低下しにくいという性質をもっています。 700~950℃にまで達するといわれる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから、これは事実として確認されています。



木は鉄より強い


平安アーキテクトでは、耐震等級の認定を取得しない場合でも、日本ツーバイフォー建築協会の壁量計算ソフトで、耐震等級3の強度を確保して建築します。
たとえツーバーフォーでも構造計算やJISの認定商品を使用する等、壁量計算書に基づいて建てなくてはとても危険です。
※認定取得がない場合は地震保険料割引の対象にはなりません。



2X4ツーバイフォーデザイン



2x4パネルメーカーの凄さ、平安アーキテクトのパネルはここで作られています。



2X4ツーバイフォーデザイン



吹き抜けのある天井の高いリビングや、間仕切りのないキッチンダイニングと和室など、 幅広くデザインができます。



2X4ツーバイフォーデザイン



お申込みはこちらから




フリーダイヤル 0120-882-511