HOME > まほうびんの住まいはあったかい家エアロテクト


あったかい家エアロテクト



こんな経験ありませんか?
寒くて辛い冬の暮らしを「まほうびんのすまい」で解決!

こんな経験ありませんか?

天井がたか〜い!

一般の家庭の室内での2つを『家庭内寒暖差』がある状態と定義します。

家庭内寒暖差



家の中で寒いと感じることは?

家の中で寒いと感じることは?グラフ



寒いと感じる場所は?


具体的に「寒さを感じやすい場所」を聞くと、
トイレ」「脱衣所(洗面所)」「玄関」「廊下」といった暖房のない非居室が上位を占めました。
一方で暖房設置率が高い「リビング・ダイニング(居間)」も広いと寒さを感じやすいようです。

寒いと感じる場所のグラフ


寒いと感じる時間


寒いと感じる人は?

ママはこんな時に寒いと感じる


ママの67%が、リビングにいるときに暖房器具をつけるのをガマンすることがあると回答。
「自分のためだけに電気を使うのがもったいない」などの理由から、他の家族がいない朝や深夜に、
1人寒い思いをしているということが分かりました。

ママはこんな時に寒いと感じるイラスト


寒さを感じる体の部位


寒さを感じる体の部位の説明


ガス温水床暖房とは

床下に敷いた温水マットに熱源機で作った約50℃の低温水を循環させます。
床下からの「ふく射熱」でお部屋全体を暖めますので、室温が18〜20℃程度でも暖かく感じます。
床の表面は体温よりも低い約30℃程度なので、体に優しく快適な暖房です。

ガス床暖房イラスト


エアロテクト


天井が高いメリット



独自の高性能換気システムと、24時間換気システム(スーパーエアロテクト)の空調計画で、
まるで高原のような、さわやかで上質な空気をお届けします。暖房を消して寝ても、
長時間あたたかさをキープできるから、室内外の寒暖差の辛い真冬でも一定の温度を保ち快適に暮らせます。

エアロテクト説明イラスト



「まほうびんのすまい」は、スーパー高気密・スーパー高断熱をベースに24時間換気システム
「スーパーエアロテクト」といった独自の暖房システムや床暖房システムなどを組み合わせることで、
フロア全体を暖め、居室はもちろん、玄関・廊下・サニタリーまで、冬の寒さを軽減する住まいです。
家の中が、いつでもどこでもぬくもりを感じられる状態をつくり、『家庭内寒暖差』の問題解決をサポートします。

エアロテクトと床暖房





お申込みはこちらから

ページの最初へ