最適なライフプランをご提案します


千差万別のライフプラン「安全に住宅ローンを支払っていくにはいくらまでの支払いにすればよいのか?」住宅購入を考えるとき、まず最初に考えるのがこの問題ではないでしょうか?「年収の7倍までの借入金」とか「年収の25%までの支払い」などという数字を多く見かけます。しかし、ライフプランを考える際にこのような一般論の画一的な物差しがあてになるのでしょうか?

例えば30歳と50歳の年収500万円の方がいらっしゃったとして、どちらも同じ7倍の3500万円までが安全圏ということになるのか、または、どちらも同じ35年払いで計算して良いのかということになります。この様に、決して一側面からの単純な物差しで測るべきものではありません。

実際には年齢だけではなく、様々な、非常に多くの、ご家庭による個別の要因が絡んでくるため正に「千差万別」となり、そこには各ご家庭ごとのライフプランを踏まえた資金計画が必要になるのです。

住宅プランナーが絶対損しないライフプランをご提案します




現在、日本に住宅ローン商品は約4,800種類もあると言われています。
お客様がこれらをひとつひとつ調べて、最適な1種類を選ぶのは現実的に不可能でしょう。
住宅ローンの持つメリットは商品毎に様々ですが、例えばフラット35については以下のように、一定レベルの技術基準をクリアした住宅だけに金利優遇措置が設けられています。
平安アーキテクトでは、住宅ローン知識の豊富な住宅アドバイザーが、お客様にとって最も有利なプランを選択し、ご提案させていただきます。
資金にお悩みの方も是非ご相談ください。

フラット35S返済シミュレーション

フラット35にもこんなに大きな違いがあります

フラット35技術基準

【フラット35】が便利に、お得に変わります!!

平成29年10月1日から、フラット35が団体信用生命保険付になり、保証内容も充実します。
これまで生命保険料を毎年別払いする必要があり、万一手続きを忘れると保障が受けられなくなる心配もありましたが、これからは毎月の支払いに保険料が含まれますので、手続きが便利になります。
また、身体障害保障がついて保障内容も充実。三大疾病特約をつけた場合は介護保障もついてきます。
フラット35はこれからますます便利でお得になります。
詳しくは平安FPまでご相談ください。


これまでよりも便利で充実した保証内容の団信付フラット35
ついてる団信2つの変更ポイント
団信特約料の別払いが不要になります
保証内容が充実します





住宅ローンの返済総額に数百万円の差が出ます

最適な住宅ローン人生において必要な三大資金は「住居費」「教育費」「老後費」の3つです。
家づくりも大切ですが、住居費ばかりに費用をかけすぎてしまうのでは、残りのふたつ「教育費」と「老後費」が捻出できなくなってしまいます。
機能的な家を無理なく手に入れるために、平安アーキテクトではライフプランを基にした購入計画の立案をお手伝いいたします。現在のお家賃や学費、車やショッピング等既存ローンのお支払い額をご用意して、一度当社にご相談ください。



資金計画についてのご相談はこちらからお申し込みください
お申込みはこちらから





建築費以外の資金も大切です

建築費以外の資金家づくりにかかる費用は土地代や建築費だけではありません。引越し費用や新しい家具・家電の購入費・各種税金・住宅ローンの手数料などさまざまな出費が考えられます。
これらの負担も無視できません。当社では、建築費以外も含めた入居までの必要経費を算出し、資金計画を立てさせていただきます。
ご予算を大幅にオーバーすることはありません。

建築費以外の資金も大切です
建築費以外の資金も大切です
建築費以外の資金も大切です





あなたに最適な住宅ローンをご提案します

最適な住宅ローン現在、日本には1000種類を超える住宅ローン商品が存在します。
お客様自身がこれらを調べて比較、検討することは時間と労力の大きな無駄です。平安アーキテクトの住宅プランナーは日頃から住宅ローンについての最新情報を収集していますので、お客様にとっての最適なプラン商品をご提案します。
ご希望や現在の状態など詳しいお話をうかがった上でお選びいたしますので、安心してお任せください。






現金購入よりもローン利用の方がお得な場合も...

住宅に関する各種制度やローン商品を上手に組み合わせれば、現金での購入をお考えのお客様も敢えて住宅ローンを利用した方が得をするというケースもあります。
条件などもありますので、詳しくは住宅プランナーまでお問い合わせください。



住み始めてからのコストにも大きな差があります!!

家庭で使用する光熱費のうち、冷暖房費用にかかる割合は実に25%に及ぶと言われています。
『まほうびんのすまい』なら高気密・高断熱の効果によって冷暖房にかかる光熱費が大幅に削減できます。


年間冷暖房費の比較

また、断熱効果の高い建物に住まうことで「アレルギーや頭痛などの症状が緩和された」という研究結果もありますので、
治療費や介護費も含めて考えると、断熱性能の高い家に住まうことの経済的メリットは計り知れないものがあります。


資金計画についてのご相談はこちらからお申し込みください
お申込みはこちらから