HOME > パッシブハウス

6年連続受賞


パッシブハウス

世界基準から大きく遅れている日本の省エネ住宅性能を、政府がやっと重い腰をあげ改正省エネ基準を2020年に義務化すると発表しています。
そうすると、省エネ基準に満たない建物への資産が激減すると言われています。平安アーキテクトの建物はすでに改正省エネ基準をクリアしています。


   

パッシブハウスとして認定されるにはさまざまな構造上の問題を解決してエネルギー効率を高めていきますが、パッシブハウスの最大のメリットとはなんなのでしょう。
家全体のエネルギー効率が良いと省エネ、節電ということになり経済的にお得であり、パッシブハウスが支持される理由は快適さ、心地よさでもあります。ほぼ無暖房で過ごせる部屋の中の空気は住人の活動によって発散される熱といった限りなく自然な方法で温められ、高性能のフィルターを通した換気方法は外気の有害物質が家の中に侵入するのを防ぎます。



気密性の高い家では、計画的な換気が必要です。室内のCO2濃度が高まると、人体に影響を及ぼすからです。
空調された室内温度を無駄にすることなく綺麗な空気を取り込む、全熱交換気システムで快適・綺麗な空気環境を実現します。



室内の温熱環境の改善■熱交換気システムを使うことで・・・
熱交換型換気システムは、給気・排気の際に、空気と一緒に捨ててしまう熱を回収することができるシステムです。屋根や壁の断熱をしっかりと行い窓の性能を高めていくと、換気による熱の損失の割合が上がってきます。熱交換型換気システムを導入することで、エネルギーロスを減らすことができます。

結露の抑制■床下換気システム
「アクアフォーム」と併せて、床下には基礎パッキンを設け床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくることで断熱材の性能を維持。
基礎パッキンとは、住宅の床下の換気を行うために、基礎と土台の間に敷く通気部材のことです。
・ 基礎の立ち上り部に開口しないので、基礎の施工性が高い
・ 外周部の一部に物を置いても床下全体の換気に与える影響が小さい
・床下点検口に比べ、床下の換気効率が高いとされている
・基礎の立ち上り部に開口がないため、意匠性に優れる
・雨水の浸入の危険性が低い




断熱材や、高性能な窓、熱を逃さない換気システムを導入して、徹底的に熱を逃がさないよう工夫しています。つまり冷暖房を使わなくても、夏は涼しく冬は暖かく結露も出なくなります。家作りにかかるコストは少し高いですが、灯油代や電気代はこれからどんどん上がりますし、結露によるカビや健康リスクなど見えないコストだって多いもの。月々の光熱費、リフォームや健康のことを考えると、パッシブハウスを選ぶことは、賢いお金の使いかたなのです。

結露の抑制■太陽エネルギーやグリーンカーテン
パッシブハウスは自然エネルギーを活用する工夫がいっぱい。冬は太陽光を取り入れ夏は涼しい風を活用するなど、エネルギーのムダを極力少なくする作り方です。冬は窓から太陽光が部屋の奥まで入るよう、夏は逆に日差しを遮るルーバーを設置するなど、冷暖房器具になるべく頼らない構造を設計段階から取り入れ光熱費を下げる工夫も行います。

木質断熱材の特徴として挙げられるのが「蓄熱性」です。木質断熱材は、他の断熱材と比べて、物質温度を上げるのに必要な熱量が大きいので、温まりにくく、冷めにくい性能をもっています。季節に合わせた暮らし方で、夏は夜間の涼しさを貯め、冬は日中の暖かさを貯めこむことが出来ます。そして室温の急激な変化がないことで、身体ストレスの少ない快適な家が実現します。その他にも、吸放湿性、遮音性など、木質断熱材には優れた点がたくさんあります。

高気密は帰宅した時のエアコンの効きの速さで実感していただけます。また、高断熱化により、夜中にエアコンのタイマーが切れた後の急激な温度上昇もなく、ぐっすり快眠、目覚めも爽快でしょう。地球温暖化対策が叫ばれる今、少ない冷暖房費ですむ省エネルギー住宅は環境に優しく、家計にやさしい地球の未来を考えた住宅といえます。

■年間冷暖房費のランニングコスト


家の中どこにいても体感温度が変わらないパッシブハウス。パッシブハウスではこの快適を冷房や暖房をほとんど使わないで実現することができます。発電所では、家庭で使う電力の2.7倍の電気を作らなければなりません。電気が運ばれてくるまでの間に放電してロスしてしまっているからです。どんなに最新の省エネのエアコンであっても、使えば、必ずエネルギーロスが生じます。本当の省エネとは、「エネルギーをできるだけ使わない暮らしをすること」なのです。家の中の快適性を維持するために、断熱はもとより、通風や換気・日射取得・日射遮蔽を工夫し設計すると家そのものが省エネになるので、いくつもの冷暖房機械はいりませんし、お住まいになってからのランニングコストも大きく減ることになります。






夏の冷房時、従来のアルミサッシ(開口部)から熱が入る割合は71%。冬の暖房時、熱が従来のアルミサッシ(開口部)を通過し、流出する割合は48%にもなります。
パッシブハウスの冬の熱源は窓からの太陽の熱が重要です。
窓について考える際のポイントは、
① 冬の日射を入れる量 (日射取得量)
② 冬の室内の熱が逃げる量(熱損失)
③ 夏の日射が入る量 (日射遮蔽率)
④ 風の通り抜ける (通風デザイン)


■窓における断熱性能の基準



■日本での断熱性能を高めるには


土地の形状と周辺の日射の障害物を考慮し、冬の日射を取得する窓を効率的に配置します。 夏の日差しを遮る軒や庇を屋根形状とバランスよくデザインし、
太陽から入ってくる西日をLowEガラスや外付けブラインド、よしずなどを使い家の外で遮蔽します。

人と環境に優しい住まいづくりを、そんな思いから生れたのが「アクアフォーム」を使ったウレタン断熱システムです。住宅の断熱・気密性を実現すると共に、アクアフォームで断熱すれば結露も軽減。また、断熱性能が上がることで、ぜんそく、アトピー性皮膚炎の諸症状が改善される症例も発表されています。湿度管理もしやすく体調を整えやすい環境になります。

省エネルギー住宅

家の中身をしっかり作れば快適は長持ちするのです。設備はいつか壊れてしまいますが、ちゃんと建てられた家は100年持ちます。できる限り建物で解決しようとするのがパッシブハウス。設備はあとから足せますが、建物を直すのは大変です。


■「アクアフォーム」は、高気密・高断熱。温度差の少ない環境で、家中いつでもどこでも快適空間


「アクアフォーム」は、高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間をご提供します。たとえば、トイレや浴室・洗面所等の温度差が小さくなることで、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)を未然に防止します。特にお年寄りや赤ちゃんなど安心して暮らしていただけます。






複層サッシ ■C値は隙間の量を元に建物の気密性を表す値です。
C値とは建物の気密性を示す指標で、床面積1m2当たりに存在する隙間を「相当隙間面積(C値)」といい、cm2/m2で表します。C値が小さいほど気密性が高く、一般にはC値が5.0cm2/m2以下の場合を気密住宅としています。

複層サッシ ■交通事故より多い家庭内の事故。
パッシブハウスの基準を満たしている家は、建物の気密性が非常に高く、1年中家の中での体感温度が一定という特長を備えています。夜中にトイレにいく際など急激な室温の変化で血管が収縮し心筋梗塞や脳梗塞を起こす、いわゆる「ヒートショック」。パッシブハウスは、このヒートショックを誘発させる危険性も未然に引き下げてくれる可能性を秘めています。

日本よりずっと寒い欧米では、長い歴史のなか、寒さに負けない対策が着実にとられてきました。ですが日本はガマンを美しいとする文化。寒さ対策はないがしろにされてきてしまったのです。日本では年間1万7000人もの人がヒートショック、つまり冬場のお風呂場やトイレで亡くなっています。交通事故で亡くなる人より、ずっとずっと多いのです。「冬は寒いからこそ、家のなかは暖かく。」それこそ、これからの家が作る快適なのです。






パッシブデザインハウスの一番大きな特徴でもある断熱ですが、熱抵抗値の高い断熱材を通常の住宅よりも厚く施工し、壁、屋根、基礎、床下など、家のどの面もすきまなく断熱材でくるんでしまうようなイメージで施工されます。特に内側を断熱材で包み断熱とする念の入れようです。


■住宅にとっても、住む人にとっても結露は大敵、健康被害に結びつきます。

アクアフォーム」は、細かな隙間にも入り込み発泡、密着しますので、断熱の欠損がなく温度差をなくす事で結露を防ぎます。高度な断熱・気密化は結露を防止し、建物そのものの耐久性を向上する上に、その連続気泡構造は木の呼吸を止めることがなく、構造材にとっても優しい断熱材といえます。

ページの最初へ