平安ホームの住まいづくり

私たちの住まいづくりに対する思い

住まいづくりに対する思い新居で過ごされるこれからのご家族様の日々が、快適で健康で安心して微笑みあって過ごしていただける。そんな住まいをお客様と一緒につくり上げることを喜びに感じています。
私たちはお客様の大切な住まいづくりをお手伝いするビルダーとして、モラルというよりも情熱というレベルで強い思想を持つべきであると考えています。
それは住まいが、お客様にとってかけがえのない財産でありご子息に受け継がれる物、そして一生のうちに何度もない大きな買い物であり、それを機に人生の舞台が変わってしまう、まさに一大事とも言える事だからです。そしてまた、住宅の仕事には人の介在する余地があまりにも大きいからでもあります。
仕事の原点は人としての原点と同じだと思います。特に住まいづくりのプロに求められるのものは、知識や技術はもちろんですが、それ以前に人間性そのものだということです。
お客様の夢を我が夢とすることができること、そしてお客様の期待あるいは不安を我が事のように感じることができ、お客様の喜びを自分の喜びとできること。それこそが住まいづくりをお手伝いする私たちの原点です。
お客様の一生の住まいづくりをお手伝いする私たちの仕事は、仕事に責任と誇りを持ちそれをまっとうすることで人間性を高め、皆様に求められる人間そしてビルダーであることです。

自由設計でこだわりの住まいを

自由設計平安アーキテクトの住まいづくりは、数あるプランの中からお選びいただいたり組み合わせるのではなく、お客様のご要望・好み・ライフスタイルの一つ一つをお伺いをして、プランナーが建築予定地にあった建築プランをご提案させていただいております。プランナーと直接お打合せを行い、ご家族様一人一人の立場になり、そのお家に住まう事、そしてご家族様の将来の変化を見据えてご提案する事で、お客様のご要望がダイレクトに伝わり反映されたプラン作成となり、お客様の細かなご要望を伺いながらのプラン変更がその場でできます。また見慣れない平面図などではお家のイメージがし辛いものです。
平安アーキテクトでは綺麗な3D画像でのご提案も同時に行いイメージし易いようにご提案しています。
ご家族様皆様のこだわりの夢のつまったオンリーワンの住まいづくりです。
住宅はとても多くの部品数でできています。そして、様々な商品がございます。私共ではハイクォリティー でご満足いただける商品をピックアップし、基本プランとしてご提案させていただいております。そうする事で、図面のお打合せや建物全ての仕様品全てが決まらないと予算がわからないなどといったことなく、初期の段階でお客様に合った資金計画のご提案をさせていただけますので、安心して住まいづくりのご計画を進めていただけます。
もちろん、キッチンやバスルーム・洗面化粧台はもとよりフローリングや小さなパーツまで一つ一つを基本プラン以外から、好きなこだわりのアイテムとしてご自由にご選択いただけます。ご家族様一人一人の好み・ライフスタイルに合わせ自由につくりあげる、あなただけの住まい心地の良い素敵なオーダーメイドの住まいづくりです。

モデルハウス・ショールームでご体感

モデルハウス・ショールームでご体感平安アーキテクトではショールームを併設しており多数のサンプルをご用意しております。パンフレットでの商品選びは色味の違いやサイズが分かり難かったりしますし、色々なメーカーの展示場巡りでの商品確認では大切な時間を浪費してしまいます。平安アーキテクトではお子様のためのキッズコーナーもご用意しており、ショールームにて現品を確認しながらゆったりとお打合せをさせていただけます。
また、平安アーキテクトでは随時複数個所にてモデルハウスの完成&構造見学会を開催しています。
お客様に実際の住まいをご覧いただくことで、ぼんやりとしていた建築計画のイメージが広さや 動線などを確認されることで具体的なものへとなっていきます。そして、モデルハウスにて実際に使われているものや仕上がり具合はもとより、住宅としての性能などご体感いただく事ができますので、平安アーキテクトでの住まいづくりにご安心いただけることと思います

ローコストでハイクオリティーな住まいづくり

ローコストでハイクオリティ住まいづくりは新しい人生の舞台づくりです。多くの方が長期間の住宅ローンを組まれ長きにわたり住まい世代を超えて受け継がれていく大切で価値のあるものです。
一般的なことですが良いものは価格が高い、しかしながらほとんどの皆様にご予算があります。かと言って長く住まわれるお住まいが『安かろう悪かろう』という訳にはいきません。
私たちは、ご家族様が快適に健康で安心してお過ごしいただけるために、十二分な性能を有した自由設計でハイクォリティーな、お客様のこだわりや希望の詰まった住まいをご提案しています。
お客様に住宅性能や仕様のご説明をさせていただき、価格のお話をいたしますとお客様から驚きの声を頂戴することがよくあります。
良い住まいをより安く皆様にご紹介させていただくために、弊社分譲地におきましては宅地造成から住まいづくりまで一貫した自社施工によるコストダウン化を行い、また徹底した工期管理で工期短縮によるコストダウンを図ると共に、多くの受注実績を基に有名サッシメーカーや建材メーカーなど関係各社の協力を得ることでハイクォリティーでありながらローコストな住まいづくりを実現しています。

 平安ホームの住まいへのこだわり

スーパー高気密・スーパー高断熱

スーパー高気密・スーパー高断熱平安アーキテクトの住まいは全てスーパー高気密・スーパー高断熱の『まほうびんの住まい』で建築しております。
スーパー高気密・スーパー高断熱の住まいとは、いったいどのような住宅なのでしょうか。
気密を表すのにC値というものがあります。C値と言いますのは床面積1㎡あたり何㎠の隙間があるのかを表す数値です。C値が1以下と言う事は10000分の1以下の隙間と言う事になります。
一般的な木造住宅ですと軸組みパネル工法で概ねC値が5前後、高気密と言われる住宅がC値が2以下とされています。
私たちはC値が1以下の住宅であることをお客様とお約束させていただき、全てのお家で気密測定を実施しています。 その結果どの住宅もおよそC値が0.5以下の施工となっておりますので、なんと20000分1程の隙間なのです。また最近の気密測定では、ほとんどのお家がC値が0.3程度となっております。ちょっとした隙間も見逃さないように、丁寧に気密テープやアクアフォームでお家の気密処理を行っています。
また、お家の性能をご確認頂けるように高気密住宅認定書を取得する事も可能です。
一般的な住宅では、グラスウールやロックウールなどの断熱材が多く使用されています。また少しグレードの高い住宅で使用される断熱材でも、一般的にはウレタンやフェノール系の断熱材で工場で成形された物が使用されています。
『まほうびんの住まい』では、外に面する壁・天井にウレタンフォームを現場で丁寧に吹き付けていきます。そうすることで、お家を隙間なく断熱することができます。『まほうびんの住まい』に使用されるアクアフォームの断熱性能は一般的なグラスウールの1.5倍です。
アクアフォームはウレタンフォームという固化された断熱材であり、ウール系の断熱材のように内部で空気の 対流が起こりません。また、躯体に密着し連続した断熱層を形成するので、気密・断熱・防音性能の高い住宅に仕上がります。カップヌードルの容器などを思い浮かべて頂ければ分かり易いのではないでしょうか。
床下の断熱はフェノールフォーム断熱材を丁寧に敷き詰め、その後しっかりと気密処理を行います。
サーモス及びサーモスVシリーズで標準装備となりますサッシはアルゴンガスが注入された高性能なLow-eガラス複合樹脂サッシです。Low-eペアガラスにより紫外線を70%以上、日射熱を40%以上カットでき、また部屋内のフレームが樹脂になっている事で伝熱性の高いアルミと違い外部の熱が伝わりにくく室内の熱も逃げにくく、また冬場の結露対策にもなります。勿論玄関ドアも断熱ドアを標準採用しています。
サーモスVでは、熱交換型換気システムを採用しています。お家の中の汚れた空気を排出し外から新鮮な空気を取り込むのですが、その時、夏場は熱い外気を冷まし、冬場は冷たい外気を暖かくして室内に取り入れます。冷暖房効率が良くなりますので光熱費も抑える事ができます。
オーナーご家族様に一年を通じて、夏の暑い日も冬の寒い日も快適にお過ごしいただける、そんな健康に良い素敵な住まいづくりをいたします。

省令準耐火

省令準耐火『まほうびんの住まい』は標準仕様で省令準耐火構造になっています。
火災が起きた時、1・2階の天井裏を火が伝って他の部屋に燃え移って行く、また1階から壁の中を通って2階に燃え移って行くと言われます。そういった部分にファイヤーストップ材を配することで延焼しにくい住宅になっています。
なので安心の住まいです。また、火災保険料がグッとお安くなり家計にもやさしい住まいです。

フラット35S

フラット35S住宅ローンを利用される方が多いと思います。『まほうびんの住まい』は標準でフラット35当社のお客様の殆どの方がフラット35Sをご利用されています。平安アーキテクトは取扱い件数も非常に多いので、5年連続で住宅金融支援機構より表彰をいただいてます。

お住まいになられるご家族様の健康・安心・安全

お住まいになられるご家族様の健康・安心・安全・・人体が一生涯で摂取するもののうち、最も多いのは空気なのです。そしてなんと56%が自宅の空気です。
ですから、お家の空気環境は健康にとってとても重要な要素なんですね。
『まほうびんの住まい』では、24時間換気システムに花粉やPM2.5を95%以不除去するフィルターを採用しています。また、スーパー高気密で隙間風が入る事もなく綺麗な空気環境を実現し維持できるので、ご家族様の健康も一安心です。
住まいと健康は非常に深い関係にあります。例えばイギリス保健省の指針ですが冬の室温が18℃が許容とされ、それ以下は危険であるとされていることをご存知ですか。ヨーロッパや北米など主要先進国では厳しい基準に基づいた断熱性能を有した住宅がスタンダードになっていますが、なんと日本の住宅はそうではなかったのです。
ヒートショックや熱中症などの家庭内事故による死者数は、意外にも交通事故を超えているんです。
先程の空気環境に加えまして、お家の中の大きな温度差は寒暖差アレルギーという症状を引き起こすこともわかっています。また、ヒートショックも心配ですよね。例えば、冬場にお部屋は暖かいけれども、廊下やおトイレ・お風呂が寒いってことが良くありますよね。お家の中の温度差を軽減する断熱性能の高いお家に転居することで様々な症状の改善がみられたという研究結果もあります。

『まほうびんの住まい』はスーパー高気密・スーパー高断熱、ご家族様が健康で快適にお過ごし頂ける安心・安全な住宅なのです。

 住宅という商品の特殊性と注意点

個人の買い物で金額が最大

多くの方が長期間の住宅ローンを組まれ、一生に何度もない大きなお買い物です。
ですから、早めに動きだして慎重にじっくり検討するのがポイントです。

一番長く使う商品

車でも10年乗る人は決して多くありません。しかしこれからの住宅は100年住めることが目標です。
暮らしの変化に対応できるか、耐久性はあるかなどが問題になります。

完成品で購入できない

そのものがないので目安が立たず、図面とか担当者で判断するしかありません。
他のお客様の実際のお家やモデルハウスでしっかり確認しましょう。

現場での一品生産

現場での職人の手による工程は無くせませんので、直接施工であることと、関わる人たちの人間性が重要です。
また営業、設計、工務、職人と全て地元の人間で固めることが、アフター対応の面でポイントになります。

職種と部品点数が多い

絶対に失敗できません。三回つくらないと思い通りの家にならないなどとと言われますが、要望をきちんと伝えれば、そんなことはありません。

多くのお客様は一生に一度の経験

部品点数は車の3~4倍と言われ、しかも多くの職種にまたがっていますので、お客様の目が行き届く限界を遥かに越えています。したがって、任せられる人をどう選ぶかが重要なポイントです。

展示場見学は出会いの場です

展示場見学は出会いの場です多くの住宅会社から3社程度に絞り込む必要があります。
その要素としては、展示場そのものより、人選びです。

①お客様のために真剣に対応してくれるか。

②長い付き合いができそうと感じられるか。

③営業担当以外の人の態度も感じが良いか。

④挨拶がしっかりしていて礼儀正しいか。

4つの調査(敷地診断)を確実に実施しましょう

4つの調査(敷地診断)を確実に実施しましょう ①現地調査:敷地の形状や高低差など、現況を知ることです。

②環境調査:住環境(採光、通風、騒音、眺望等々)の必要事項を、住まうという目線で調査します。

③役所調査:法的基準を調査し、対策を検討します。

④地盤調査:地盤の強度を測ります。予算に大きく影響しますので、早めの実施をお勧めします。

実際の現場を見ましょう

実際の現場を見ましょう 現場を見ることで、展示場では分からない多くのことを知ることができます。
まさに「百聞は一見にしかず」です。

①仕不がったら見えなくなる構造部分が見られる。

②実際に工事をする職人さんを知ることができる。

③清掃や現場管理の状況が見られる。

現場では、職人や現場監督から直接話しを聞くことも大切です。できれば工程毎に、基礎(コンクリート打設前)、不棟(直後)、完成(お引き渡し直前)と3段階に分けてご覧になり、見方を勉強しておくと、ご自分の現場を見る時に役立ちます。

資金計画は慎重に

返済に無理のない資金調達とバランスの良い予算配分が一覧できる計画表を作成してもらいましょう。

①まずは自分の用意できる予算の不限を知る。

②いくら借りられるかより、いくらなら払えるか。

③生活を楽しむために、ボーナスはなるべく取っておく。

④工事費以外の費用を確認し、不測の出費を防止する。

建築の時期(意志)を固めましょう

建てられたらいいなというご希望を、いつ建てようというようにはっきりと方針を決めるのはこの段階です。

①敷地診断から解った諸問題の解決に要する時間を予測する。

②税金やローンの優遇策を最大限に活用する。

③将来のライフプラン(住宅ローンを含めた出費予測)を見直す。

ご両親にとっても、我が子の住まいづくりは一大事です。たとえご両親に費用負担のご相談をされていなくても、早めにご報告なされた方が良いと思います。

間取りの構想の打合せはじっくりと

先入観を捨てることが大切で、制約条件を満たしていかに良い提案を引き出すかがポイントです。

①間取りなどの結果ではなく、暮らし方のイメージを伝える。(ご自分で描いた間取りは一旦伏せておいた方が良いでしょう)

②間取りの打合せは、ご家族全員で参加する。(誰のための住まいかということが重要です)

③今までの生活より、これからどんな生活がしたいかを考える。

④こだわりを全部書き出して、優先順位をつけておく。

⑤新居に持ち込む家具を決め、寸法を測ってもらう。

間取りの見方に慣れましょう

間取りには見方があります。着替え、化粧、洗濯、料理、食事、掃除、ゴミ出し、物干し、入浴、団らん等々、具体的な動きを図面の中に当てはめてみて、見慣れておく必要があります。

①動線、採光、収納、構造(強度)といった住宅計画の基本を確認する。

②単に住む感覚から、楽しめる、便利、くつろげるといった間取りに求められる暮らしのイメージを追いかける。

③こだわりの優先順位に、費用を加味して順位をつけ直す。

④遊びのある設計と無駄のある設計の僅かな違いに注意する。

無駄のない企画住宅の間取は、プロの知恵とも言えます。慣れてきたら、改めてプランを見直してみましょう。

仕様の打合せはねばり強く

多くの展示場は見せるための仕様ですが、実際は住まうための仕様をねばり強く検討していく必要があります。
疲れも感じられる段階ですが、大切な予算のむだ遣いを防ぐ重要な場面です。

①バランスを取る中で、どこに重点を置くかの方針を決定する。

②見栄えとメンテフリーが両立しないなら後者を優先させる。

③色彩は面積や光源によって印象が変わるため、ショールームなどでサンプルを確認する。

④価格に対する感覚は麻痺しやすいので、グレードアップ分の予算をあらかじめ決めておく。

候補を一社に絞りましょう

ここまで進めてくれば、意中のメーカーは自然と一社に絞られてきます。本図面を作成するための建築申込(本設計依頼など会社によって呼び方は違います)をして意思表示を形にします。

①申込の前に資金計画、間取り、仕様、工期を再確認する。

②契約をする場合の諸条件もこの段階で確認しておく。

③この段階で絞れないようなら、一旦計画を中止する。

④断る時には、きっぱり『他社で契約(入金)した』と伝える。

 土地探し

よりよい土地と巡り会うための土地探しの心構え

よりよい土地と巡り会うための土地探しの心構え建築を考える多くの方が土地探しから検討されています。平安アーキテクトにご相談に来られるお客様も『家を建てたいけど、条件に合う良い土地がなかなか・・・』とおっしゃる方が多数いらっしゃいます。
長年、皆様の住まいづくりのお手伝いさせていただいているとよくある事なのですが、

『購入を決断した時には、すでに売れてしまっていた。』 多くの方が良いと思い検討されています。

『長い間色々見てきたが、最初に見たのがよかった。』 プロの目で良いと思うものからご紹介しています。

『一昨日案内された土地が昨日には他の方で契約が決まっていた』 良いものはすぐに売れてしまいます。

このような出来事は、不動産の世界ではホント非常に多いお話なのです。ですから良い(希望の)土地に巡り合うために『もっと、こういう事をされたほうが・・・』と感じる事がしばしばあります。
良い土地に巡り合うためには準備しておかないといけない事やポイントがたくさんあります。

平安アーキテクトにご来場いただけましたら、良い土地に巡り合う秘訣をお話させていただきます。

土地探しの進め方

住まい探しをされる皆様にはご予算がございます。そして住まわれるご家族様の人数や構成、これから先の未来を見据えて、ある程度の必要な住まいの大きさが決まっています。
土地の場所や広さ価格は千差万別ですが、必要な住まいの大きさが決まれば粗方の建築に掛かる費用が決まってきます。ご予算を見直さない場合、この時点で建築用地に充てられる費用が決まります。
必要な住まいが十分に建築でき尚且つ駐車場スペース等も確保できる広さの土地を、土地に充てられる費用の範囲内で場所や広さなどを考慮し検討していく事になります。
また、土地について利便性などの立地条件や資産価値などだけに囚われず、そこに住まう事、どんなお家が建ち、そこでご家族様がどのような住まい方ができるのかが重要なポイントになります。

土地探しから住まいづくりへの秘訣

土地探しから住まいづくりへの秘訣不動産屋さんを巡って土地探しをする場合、多くは利便性や資産価値等を重視しますが、私共は、それ以外にそこに住まう事に重点をおいてご提案させていただいています。
ごくまれにですが、土地を購入済みのお客様の建築プランを作成させていただくと、

『敷地内に希望の間取りのお家が納まりきらない』

『希望の間取りプランだと日当たりが非常に悪い』

など夢描いていたマイホームと違うなどといった場合があります。
私共は気に入った土地がございましたら、その敷地にお客様のご要望のお家のプランを作成させていただきます。ですから、土地を先行(取得)してしまい思った家を建てる事ができないといったトラブルもございません。
同時に土地購入に掛かる費用と建築に掛かる費用とをトータルして資金計画のご提案をさせていただきます。土地と建築を別々に計画したがために資金計画が予定と結果で大きく狂ってしまったというようなことも避けられます。
平安アーキテクトでは、一般的な建築請負契約でよくあります中間金など頂いておりません、また手付金につきましてはご相談もさせていただいております。住宅ローンにつきましてもトータルで考えられる事で、つなぎ融資などで住宅ローンを2本立てにする必要がなく煩雑な手間と費用を省く事が出来ますので、お客様にとって大きなメリットになります。

 資金計画

間違いのない資金計画をしましょう

間違いのない資金計画をしましょう結婚や出産、お子様の進学などを機にマイホームづくりをご検討なさる方が多いと思います。
しかし、そこで気になるのは資金のことや長期間でご返済をする住宅ローンのこと。
住まいづくりは一生を左右する大きなお買い物だけに、その後の生活を考えてだんだんと不安を感じたり悩まれるのは当然です。ですから、しっかりと間違いのない資金計画を立てる必要があります。
資金計画は長期にわたる住宅ローンの計画でもあり住まいづくりにおいて大切な要素です。住まいづくりには実に様々な費用が掛かりますので、きちんと整理し計画しないといけません。
住宅ローンをいくら組むのか、月々の支払いはいくらが適切なのかもしっかり計画する必要があります。もし途中で大きな誤算があり住まいづくりの計画が大きく違ってしまい頓挫してしまうと大変です。平安アーキテクトでは、そのような事が起こらないように資金計画がしっかり立てられ、また最終的に計画と違わないように、すべてコミコミでの資金計画のご提案をします。
後から『思わぬ費用が・・・』 というような心配がないので安心してご計画いただけます。

また、『まほうびんの住まい』は、関係各社の協力や、徹底した工期管理による工期短縮によってハイクオリティーな住宅ですが、ローコスト化を実現し皆様の資金計画をサポートしています。

住宅ローンについて

長期間にわたって返済を行う大きなお借入れですから、どこでどのような住宅ローンを月々のお支払い額が大きく変わってきます。
ちょっとした金利の違いや時期によっては、総支払額が数百万円も変わってしまう事もあります。できれば小遣いを減らしたり家計を切り詰めるなどの無理をせず、余暇を楽しみながら貯金もできる、そんなゆとりのある生活を過ごしたいですよね。
ですから、住宅ローン選びは慎重に検討し最適なものを選択しなければなりません。
住宅ローンと一言でいいましても実に様々なものがあります。各金融機関により金利はもとより審査基準や借入可能範囲など異なる商品があります。また住宅金融支援機構によるフラット35という国が所轄する機関による融資制度もあります。

将来を見据えてしっかりと計画をし、安心できる住まいづくりに取り組みましょう。


お申込みはこちらから


フリーダイヤル 0120-882-511