HOME > まほうびんのすまいの特徴【気密・断熱・換気】

6年連続受賞


気密イメージタイトル


気密タイトル1

気密にこだわりましょう。
高気密住宅といえば、ほとんどの人がどんな構造かご存知ないと思います。住宅の断熱化とともに普及した気密住宅ですが、住宅の隙間を減らし隙間風が通らない暖気を逃がさない省エネといったような感覚から、隙間風による熱ロスを抑えるためですがそれだけが気密化の目的ではありません、それは建物と健康のためにはとても怖い結露につながってしまうのです。

気密が必要な理由は隙間風のエネルギーのロスを抑えます(タイトル)

隙間をなくすのが高気密
それは建物に隙間がたくさんあると、当然のことながらその隙間を通って空気が出入りします。特に冬場は暖房でどんなに室内を暖めても、その暖められた空気が隙間から逃げ、冷たい外気が隙間から入ってくれば、当然エネルギーが必要です。なので、隙間をできるだけ少なくすることで暖房の効率を上げ、同時に暖房にかかるエネルギーを抑えるというのが大きな目的です。

まほうびんのすまいの超高気密が断熱効果を最大限に発揮します(タイトル)

隙間をなくすのが高気密
断熱材は外部からの空気の出入りをシャットアウトして断熱性を作っています。断熱材の周辺で空気が移動して しまえば、断熱材はその断熱効果を発揮できなくなってしまいます。断熱材に入り込む外気をシャットアウトして 断熱材の断熱効果を高めるというのが気密化の大切な目的です。

まほうびんのすまいは内部結露を予防します(タイトル)

隙間をなくすと結露が減る?
まほうびんの住まいは壁通気の独自工法で外気をシャットアウトしています。さらに現場発泡硬質ウレタンフォームで家の隅々までしっかり断熱材を充てんします。さらに構造計算によって結露の有無を確認出来ます。

まほうびんのすまいは、換気効率の向上に優れています(タイトル)

気密を高めると空気が安定する?
どんなに高機能な換気設備を導入しても、隙間だらけの住宅では、空気が好き勝手に出入りします。パナソニックの優れた全熱交換換気で換気経路における不安定な漏気や気流のショートサーキットを防ぎ、安定した換気を実現します。それが気密化の四つ目の目的です。熱交換効率90%超の熱交換型換気設備を採用しても、熱交換の対象とならない漏気や隙間風が入れば省エネとは言えません。

断熱イメージタイトル


断熱タイトル1


気密にこだわりましょう。
現在において、住宅の断熱化は省エネ性の視点で評価されていますが、断熱性の向上が居住者の健康に大きく関わっていることが近年の研究で明らかになってきています。室内と室外との境の屋根や天井、外壁、床、窓などのことを外皮といいます。住宅の断熱化するにはこの外皮の断熱性を向上させること、断熱材を使用することで外皮における熱の出入りを抑制する事が基本です。熱の出入りを抑制するということは、当然、暖房により暖められた室内が冷えないように、より少ないエネルギーで冬期の室内を快適にします。夏期においては外部からの熱の侵入を防ぎ、室温の上昇を抑えます。 しかし、夏期においては断熱化と同時に窓における日射遮蔽対策も取らなければなりません。

・ただし、どんなに断熱材を厚くしても気密がともなわないと意味がありません。






換気イメージタイトル


換気タイトル1


換気が大事なわけ
旧来の日本の家は木や紙が使われ、すき間も多い「開いた住まい」のため、自然に換気ができていました。一方、現代は気密性や断熱性を高めた「閉じた住まい」のため、強制的に換気する必要があります。高気密・高断熱の家は空気の汚れがこもりがち。また、水回りの湿気もカビの活動を招いたり、壁内の柱や土台などを傷める要因に。人と住まいの健康のために、確実な計画換気が不可欠です。

家の空気を入れ替えることの重要性(タイトル)


家の中では建材や家具ペット、当然人からも臭いの元となる物質がたくさん放出されています。 これらの臭いがする家としない家、その決定的な違いは家の気密性と計画的な換気システムが解消します。 平安アーキテクトの超高気密、高断熱は室内は常に正常に保たれ臭いもほとんど感じません。 これは計画的な換気システムがあるからなのです、新鮮な空気をどこから入れて、汚れた空気をどこから捨てるのかという計画上の話を、現場での実測調整により、まさに思い通りに実現することができます。24時間運転の換気システムにより室内の二酸化炭素濃度を1000ppm以下に保ち、しかもモーターの消費電力はわずか月260円です。

換気の重要性(タイトル)


換気とは、建物内の空気を外気と入れ換えることをいいますが、実際には室内で発生した汚染物質により悪化した空気を排出し、新鮮な外気を導入して汚れた室内 空気を希釈することを意味しています。居住者にとって快適で健康的な空気状態を維持することが換気の基本であり、その目的として次のようなものがあります。



・室内で発生した人の呼吸や燃焼による二酸化炭素、建材から発生する揮発性有機化合物やタバコの煙などを屋外に排出する。
・浮遊粉塵・花粉等を排出し室内を清浄に保つ
・水蒸気を多量に含んだ空気を排出、乾燥した空気を導入し、結露やそれに伴うカビ、ダニの発生を防止する
・夏期において日射等に起因する過分な熱を排出する



室内では人の生活からだけではなく、家具や建材などから様々な汚染物質が発生しています。これらの汚染物質の中には、ただ、単に居住者の生活を不快にするものもあれば、シックハウス症候群の原因物質のように、人の健康に大きな影響を与えるものも多数存在しています。以上のように、換気とは人が呼吸をして生きている限り絶対に必要なもので、人が快適に生活する上で不可欠なものであるといえます。しかし、不要な換気は無駄にエネルギー消費し、不快な寒さの原因になります。つまり、快適でエネルギー消費の少ない住宅を造るために、無駄のない計画的な換気が必要となるのです。

機械を使って換気をする計画計量換気(タイトル)


換気には大きく分けて外部風や室内外温度差によって生じる自然換気(隙間風・漏気)とファンを使って強制的に行う機械換気があります。当然のことながら自然換気は自然の力を利用して行う換気なので、外部環境の影響が大きく、その量を把握することもコントロールすることが出来ません。機械換気は、高気密化された建物であれば、どれくらいの換気量があるか把握し、それらをコントロールすることが可能です。なので隙間風によって生じる無駄な熱ロスを極限まで抑える事が出来ます。計画計量換気は建物規模や家族数を考慮し、室用途に応じた必要換気量を計画して、さらにそれを現場で測定(計量)することで居住者にとって最適な空気環境を実現させます。また、室内の二酸化炭素濃度を室内空気質の基準とし、その濃度をビル管理法の基準でもある1000ppm以下としています。






map


  • グーグルマップ
  • ページの最初へ