HOME > 「まほうびんのすまい」性能 > ホルムアルデヒド対策

7年連続受賞


まほうびんのすまいロゴ


ホルムアルデヒド対策見出し



子供達が住み継ぐ家は性能がいのちです。


スーパー高気密の家に花粉やPM2.5を95%以上カットする特殊フィルターを組み合わせることで、家の中はいつも綺麗な空気を保ちます。また、F☆☆☆☆建材の普及でシックハウスで悩む人は減少したといわれますが、規制の無い「家具」や「雑貨」などからのホルムアルデヒドによって体調を崩してしまうケースがあります。平安アーキテクトでは、ホルムアルデヒドを吸収・分解する特殊建材を採用。クリーンで健康・快適な空間をお届けします。

ホルムアルデヒド対策

結露対策は長寿命

高気密住宅

       

なぜ日本の家だけこんなにも寿命が短いのでしょうか?一言で言うと高温多湿な環境の影響で「家が腐る」からです。雨が多く紫外線も強い日本の四季は外壁を日々痛めます。そんな欠点も気密を高めることにより冬場に家の中の温度差が小さくなることで結露しにくくなり、住宅そのものも長持ちします。一般的に高性能住宅と呼ばれる住まいは住むご家族にとって快適な生活を送っていただける要素を取り入れたものですが、時に高性能が故に「乾燥状態」を招く場合があります。特に夏場には「多湿」冬場に引き起こりやすい「過乾燥」はそこに住まうご家族にとって、非常に大きなストレスになることも少なくありません。多湿と過乾燥が引き起こす問題点として以下のものなどが挙げられます。
●多湿だと…カビの発生、繁殖・結露・床下のカビや腐敗・ダニの繁殖・呼吸器の健康被害、皮膚の健康被害など
●加乾燥だと…インフルエンザウィルス、風邪の蔓延・肌の健康被害など




ページの最初へ